意外と忘れがちな鼻毛の処理

気を抜いて処理を忘れるとすごく恥ずかしい思いをし、そして、周りにも気を遣わせてしまう箇所は鼻毛だと思っています。
私自身も人の鼻毛が出ているのを発見してしまい、言っていいものかどうか、すごく迷ったことがあります。
その時は黙ったままでしたが、今考えるとすぐに教えてあげればよかったと思います。

自分自身のも気にしていますが、角度や鼻息の関係でヒョッコリ顔を出すことがありますよね。
できる限り定期的な処理を心がけています。
処理は抜くのは涙でるくらい痛いのでハサミで処理をしています。

一度びっくりしたのが、鼻毛!と思って処理をしようとカットしようと思ったのですが、なかなかその1本が捕獲できません。
何とか捕まえたその鼻毛。

ある程度の長さがありそうだったのでもう抜いてしまおうと引っ張ったら、鼻の奥の方に鮮烈な痛みが走ったのです。
その毛、思った以上に…
というより、こんなに長いのかというくらいに長かったのです(笑)

こんなのが生えるなんてと自分自身が怖くなりました。

それからというもの、熱心に処理をしています。
だって、あんなに長いのが鼻に潜んでいたなんて気を抜いた時、くしゃみをした時とかに、ゆらゆら飛び出てきそうですからね。

決して気を抜くことはできません。
そろそろ鼻毛カッターを買おうか迷っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ