脱毛を受けると多汗症になる?

脱毛と多汗症の話、よくネット上で見るお話ですね。
元の出所がどの辺りなのかは良く解っていませんし、私自身は医師ではないので正確なことは解りませんが、これは多汗症という病気に誤解があるからではないかと思います。

確かに脱毛すると汗の量が増えたと感じる、ということはありえる気はします。素人考えですが、自分の体感として、肌がツルツルになれば汗も感じやすくなるのかなとも思います。

でも本当の多汗症というのは、もしかしたらというレベルのものではありません。
びしょ濡れになる程、汗が出ます。夏に暑いと感じて汗がでるというのとは全く違い、理由も無く唐突に大量の汗をかいたりするのです。

多汗症は自律神経系の乱れから起こる病気なのです。
よく精神的な病気とも誤解されがちですが、ここはお間違え無く。

自律神経の乱れなので、ストレスから多汗症になるということはあるそうです。
悪循環を招くケースとして、自分は多汗症かもしれないという不安からよりいっそう汗がでるようになって、相談もできないまま更に悪化していってしまうことがあります。

ただ、多汗症というのは実は塗り薬などで簡単に治療が受けられるんです。

しかし、汗の問題は女性にはとてもデリケートな問題。
汗じみや匂いなどは、ストレスと繋がりやすいものですよね。

脱毛との関係はわかりませんが、もし迷ったなら皮膚科に相談をするのも一つの手段。治る病気ですし、手術などを必要とするとは限らないというのは事実です。

むだ毛の処理もそうですが、少しでもストレスになりそうなものは前向きに対処をすることが大切。

多汗症になるのが怖いから脱毛をしないというのも一つの選択としてはあり何だと思います。

私には自分は多汗症にはならなかったということしか言えませんが、キレイはポジティブから作られるものですから、自分がすてきな女性になるために選択をしてあげてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ